brittanyyu個人屋
by brittanyyu
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体

生活
感想之寫
碎碎雜想
美容技巧
未分類
以前の記事
2015年 11月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 05月
2014年 11月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
よかったのでそ
at 2015-11-23 15:25
つかの間の雲の日
at 2015-11-02 15:56
小春日和と勘違
at 2015-10-30 17:15
破繭而出飛翔的翅膀
at 2015-07-14 23:16
人生的正文
at 2015-05-08 12:14
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

よかったのでそ

起業ネタがウケがの関係のお話をまたちょこっと書きます。たいてい、10年程前の第一次ネット起業ブーム?でビジネスをはじめた仲間に聞くと、最初は「小遣いが欲しかった」という動機だった人が結構多いです。私もまた、そうでした。父親の強い教えで製造業の会社に就職していたもののご存じの通りメーカーというのは給与水準が低い。「こんな給料では将来どうなるかわかったもんじゃない」というのが最初の動機でした。給料が安い、というと悪いことばかりのように思えますし、私も当時そのまっただ中にいたときはそう思っていました。

一方で、ビジネスをスタートした頃、仲間の1人にスゴい人がいました。私より少し年上で、その時点ですでにとあるベンチャー企業の役員をしている人で、同じ関西と言うことで気があってよく話をしました。とても頭がよくアメリカの大学を卒業して英語にも堪能で、仲間内でも、彼がいちばん初めに上に躍り出るだろうとみんな思っていました。ところが、ある時を境に彼は急にビジネス活動をストップして心のバランスを崩してしまいました。

なぜかというと、起業する際に決められていた「条件」になかなか全然届かないので焦りやその他でバランスを崩してしまったようなのです。彼は結婚していたのですが、起業する際に奥さんから提示された条件が「辞める前の給料の額を上回ること」、そして、ベンチャーで役員をしていた彼は百数十万の月給をもらっていました。当然ハードルは高くなります。それが結果的に大きなプレッシャーになってしまったのかもしれません。
[PR]
# by brittanyyu | 2015-11-23 15:25

つかの間の雲の日

第審議中の単語ダウンすべて昇華在線のツイストペンで不安、徘徊、すべての瞬間には、ヒットが揺れるネット、かつて存在を進み、李ジジ、セクション、章では、私はまだ、後でどのくらいかわかりませんその年のその月中に巻き込まれ、これを書き、その日は、あなたが考えが、ステレオタイプより繁殖、解決することができない、毒を植え、結局、テーマは、常に、人生は海岸に到達することができない、それが困難なソリューション言語トピックです、心臓のロックをほどくことはできません!

おそらく唯一のあなたの蔡加讚人生の通過中に、時間の艦隊は、深くでも学科場合、究極の生命またはあなたの人生の参入の終わりを探しているため、放浪のために、それ以来、年に移植探すために起こりました去る雲が月、桃水紆余曲折を取るフル蘭州は、それは泥のように挽く、薄いだけ桃千、落下塵を作るために、四季を通過することができず、一度、のような唯一の春です。

花のクラスタのため、スス語は、あなたがelyze減肥交差点を通過しなければならない、場合は、ちょうど涼しい葉与え、ちょうどタマネギ栄山、水、光、静かな日陰の咲く、会いました暖かい、タッチ;これは素晴らしいものであること、それができるかどうかが存在する場合、;太陽と月を見捨て、緑の花を埋葬され、枯れ枝や乾燥葉を剪定、遅い、サイレント、徐々に息切れ、行うことが薄くても、瞬間のまた減少、年春きれい。
[PR]
# by brittanyyu | 2015-11-02 15:56

小春日和と勘違

我流ながら数十年のキ負離子直髮ャリアを積んでいるので、それなりに対応できるとは思っていても、短期間では先方に迷惑を掛けそうでその気になれません。

前館長は隣の神社の数十本ある梅の木染髮焗油の剪定を知人に頼んで、10万円近く支払ったと言ってますが、今の集落の財務からは支は難しいので、時期をみて自分で対応しょうかと思っています。

前回の台風で葉が落ちて裸同喜運佳
然だった桃や梨の木に、新しい葉が出始めたりおまけに花までも咲き出しました。多分、秋風吹く日を、いしたかも知れませんが、季節外れの果樹花には不思議さを感じています。それに引き換え、生命力の強いポーチュラカは広がる一方で、花壇でも飽き足らずに、今度はネギの周辺にまで種が飛んで、紅やピンクなどの混合色もあれば見栄えもするのに黄色一色です。
[PR]
# by brittanyyu | 2015-10-30 17:15

破繭而出飛翔的翅膀

在這個多情荷韻飄香的夏日,綴滿在瑪姬美容這一灣蓮塘荷院,淩晨的一縷清風,寂寞地,纏綿地,嫵媚地輕輕吹拂,心無雜念的我,靜坐在蓮塘岸清風吹起的小石上,心甘情願獨守這份相思蓮塘,晃動著內心那一懷如紫晶一般思念的纏綿,迷醉在這荷塘小石。我用心靈尋找有你棲息的土壤,將一眸滿含深情的目光一次次遙望遠方,多情的梅林將一抹如荷花芬芳

的柔情,化作一滴滴荷韻晶瑩滲透的淚滴;梅林的愛仿若那二零一五年荷花飄香的絢爛夏日,一如既往對你深切的思念依舊倚斜著這梅林荷院。荷花池裏,那一縷縷蓮香,是我思念你的心,在夏日尋芳裏為你綻放;輕輕地,悄悄地,我把對你無窮瑪姬美容去印無盡是離愁的心扉,為你靜靜的守候在這一灣梅林荷塘的歲月裏,我在清晨,如那一只粉蝶,只為你停下倦飛的一雙翅膀,心甘情願為你用一掬繾綣雋永的思念,溫潤你柔情似水的心房。

夏日蓮池荷飛香,我的愛在梅林荷院的一灣荷塘裏溫存淩晨美好的相思過往,荷韻飄香那是一種暖暖的幸福的滋味。與你在人生旅途中一同走過荷花飄香的溫馨歲月裏,多情的梅林看見了一幅蓮韻飄香渲染的絕倫絕幻,美麗到極致的風瑪姬美容暗瘡景在我的面前呈現,生命如歌涓涓流淌;因為思念而讓我懂得融入一種荷韻飄香的幸福,悄悄珍藏於心底,當纏綿的思念如荷花在蓮池悄悄綻放,當無以數計思念你的日子在生命裏清淺蔓延流淌,當一抹抹絢爛旖旎的青春時光在眼前蕩漾,年少多情的我,欣然恍悟。

因為愛思念一個人,原來是心事若蓮盈滿的一份幸福甜蜜的淳美無暇。梅林荷院,芬芳滿塘。清晨的和風,含露的蓮葉,流香的小荷,在我心中,一切都是那麼的嫵媚。原來癡情變幻的是季節,不變的依然是我對你情有獨鐘恒久永遠的遙相凝望。,梅林心中盈盈的愛,滿滿的幸福誠如這一灣荷韻飄香的一道旖旎美景,已經默默蘊藏在梅林的相思最深處,成為一朵綿長溫婉永不凋零的蓮花
[PR]
# by brittanyyu | 2015-07-14 23:16

人生的正文



北國的冬天還冷的有些不可思議,南國的春天正漸漸逼近,狂風依然呼嘯著要人們心中劃過留痕的印跡。雖說春天總是慢些,但也遲早會來,只是來的沒有那麼壯美。記憶中的清池已模糊的只剩杯中盛放的茶水,氤氳著白煙,散發著香氣,有些迷人,有些陶醉。清明時節後,大雨淋漓,有些微寒,這一切都告訴人們,春天即將到來。和以往一樣,平凡而生動。眼前色彩繽紛,人們開始忙碌,一件件脫掉冬天的束縛,只是有些人會不經意留戀,有些人會堅定向前。

風還是冬天那股風,雨還是冬天會下的雨,少了些許雪花的身影,人們漸漸忘卻,冬天是真的走了。若說是送走冬天,不如說是無意等待,時光不會停留,人們都很清楚。不等著每一個季節能夠如何讓人驚喜,時間不斷掩埋過去,很輕也很平淡。沒有人刻意去剖開記憶的土壤,看看種的什麼東西。發芽不發芽,種下了,春天過後,都相信會長出點什麼。種子嗎,都需要春雨過後破土而出,很小很嫩,一點點綠色,還是青綠。

每一年春天都會來的,很平淡的季節,生機勃勃過後還會有冰凍的時候。

每一季如花的故事都會過去,很平靜。鬧也好,愛也好,過去了,記憶成了回憶,來年四季依然如初。

每一天生活的苦惱總會遺忘,一年下來,記住的是最後一天吧!還有比較傷心和幸福的日子。但是每一天總會走,來的還是新的,怎麼過,其實都一樣,掀不起什麼大風大浪。

生活過的平淡,該走著的走著,該躺著的躺著,沒有例外,新聞的邊角更新著這個世界的呼喚,好奇的人們看著遠方陌生的人陌生的事,片刻痛苦後,回過神,該幹什麼幹什麼。無關乎世界的一切,都顯得人類那麼渺小。痛苦與死亡掙紮著,最後都是平靜,祭奠的墓碑,是人們懷唸過去的標誌。但在每一個生命的四季中,總有一個季節是你為之奮鬥的,停留休息的。

我選擇春天,人生幾十載,第一個過著有滋味的春天,在我生命的渴望中多了幾筆色彩,生命很精彩,我為自己鼓掌吶喊。

我的生命在冬天沉睡,在春天甦醒,有些憔悴也有些鏗鏘。

我的愛情在冬天紮根,在春天開花,有些枯萎也有些新芽。

我的一切在開始繁密,在過程稀疏,有些凌亂也有些希望。



相遇冬天初始,我堅信春天會來,興許來的會美好而難忘。不料風停了,阡陌花開,角落枯萎的薔薇,牽走屬於人的思念。我立下誓言,在大雪紛飛的歲月,寒冷冰凍著思念無法傳遞,現代化的信息一條條穿透著隔絕的空氣,盲目的找著它的主人。等待是一種幻想,點燃激情,冷卻下來走進夢裡。有時驚醒,有時哭泣。隔離的無人區,廣袤的大地,浩瀚的宇宙,有一人,在夢的中心,來回飄渺。日子過的不安生,生活索然無味,幾句掏心窩的話,對著自己說,春天會來。

春天來了,第一個春天來了。我看著遠方,猙獰的眼神垂下蒼淚,餘溫劃過臉頰,流過嘴角,掉落。我告訴自己,今天的淚是流給自己看,明天會更好。

屬於淚的日子過後,滿心余念未除,人性擋不住內心的不安與愧疚。我們走過,留下,回憶,其實都是美好的。其中的人,物,事,清晰可見。未來迷離,迷茫的現在,前行的勇氣沒有太多蓄積,就一顆火紅的心,拼著年輕的任性,無人能擋的魄力,走過春天,走向永遠,走過第二個,第三個……直到春天不來,吹風停息。

第一個春天真來了,我看著世界,吸允著氧氣,活著,笑著。多麼美好,再多的插曲也編不進我人生的正文。


[PR]
# by brittanyyu | 2015-05-08 12:14